ケールソテー



日本でもケールがポピュラーになってきているみたいなので、私のヘビロテメニューのケールソテーのレシピを紹介します。


ケールは栄養価が豊富でビタミンA、C、K、ミネラルはカルシウムとマグネシウム、銅、カリウム、マンガン、ビタミンB群を摂るのに最適です。


ケールには抗酸化酵素もたっぷり含まれているので、体の中の酸化を防ぎ、心臓病やアルツハイマー、癌のリスクを軽減する期待が持てるとも言われています。


麻婆豆腐やお豆のカレーのサイドに添えたり、サーモン、チキンのサイドディッシュに、残り物のご飯にアボカドと一緒に添えてランチにしたり大活躍です。


1日に2カップから2カップ+1/2カップ分の野菜を摂取するのが健康の体を維持できる理想の量とされています。


1/2カップの野菜を5回と覚えると覚えやすいです。


お野菜も火を通すと量も食べられ、消化や体への吸収率もアップ。




たくさんあったケールの量がこんなに減ってしまいました。

長く炒めすぎずにケールを入れてから少しお水を足して、手早く炒めるのがコツです。


材料も椎茸でつくったり、トマトを無しで作ったり、ごま油を足したりメインの料理次第でアレンジして作っています。


みなさんもケールをもっと気軽に食卓に登場させてみてくださいね!



ケールソテー

Serves 2


  • ケール 2~3枚

  • マッシュルーム 2

  • プチトマト 3~4

  • 玉ねぎ 1/4カット

  • ガーリック 1クローブ

  • フェネルシード 1つまみほど(オプション)


作り方 

  1. 洗ったケール、玉ねぎ、キノコをスライス切り、トマト、ガーリックはみじん切りにする

  2. フライパンを中弱火にかけてオイルをひいて玉ねぎ、ガーリック、フェネルシード(あれば)を炒めていく

  3. 玉ねぎが透明に炒まってきたらキノコ、塩を少々加えて焦げないようにお水もほんの少しだけ加えて炒めていく

  4. 玉ねぎとキノコがしんなりしてきたらとケールを加えてお水をティースプーン1ほど足して中強火にしてトマトも加えて炒めていく

  5. 水分が飛んで全体的に炒まったら仕上げに塩で味を調節し、お皿のサイドなどに盛り付けお好みでフェタチーズやパルメジャーのチーズをトッピングする